楽しめる空間を自分たちで“企画”しよう

ショップスタッフM・T2017年入社
(株)パパス
Mademoiselle NON NON
丸の内本店でMademoiselle NON NONの販売を担当。接客と同時に、店頭ディスプレイや日々の予算調整など店舗運営に携わる。

ショップスタッフはファッションアドバイザーと呼ばれるように、お客さまの生活に寄り添いアドバイスをしていく存在。だからこそ洋服の販売という枠にとらわれず、人々が今以上に楽しめる空間づくりに取り組んでいきたいと思います。世間話をしにショップスタッフに会いに来る。以前購入した商品のコーディネートを相談しに店舗を訪れる。服を買いに来るだけではない、そんなあり方があっても良いと考えています。私が働くPapas/Mademoiselle NON NON丸の内本店はメンズ・レディース一体型店舗なので、ご夫婦や親子で時間をかけて買い物をするお客さまも多く見られます。そのようなお客さまにとってショッピングは一つのエンターテインメント。買い物を通じて家族やショップスタッフとのコミュニケーションを深める、それこそが楽しい時間なのであり、その気持ちに応えられるよう私自身さらなる工夫をしていきたい。なにも用事がなくても足を運びたいと思ってもらえる店舗へ、それこそが私が実現したいことです。

どんな、学生時代を過ごしましたか?

服飾を専攻し、デザインやパターン、縫製まで一通り学ぶともに、洋服のお直しのアルバイトも行なっていました。就職活動時にはインターンシップに参加し、店舗での販売も経験。学生時代はファッションに関連する多くのことに関わりました。

BIGI GROUPに入社した理由は?

実は、他のブランドを目指して参加したのがビギグルーブの説明会。そこでパパスという会社を知り、店舗を訪れ、実際の製品に触れてみたとき、生地や縫製の品質の良さに驚きました。これならお客さまに自信を持っておすすめできる、そう思い入社を決意しました。

忘れられない思い出は?

毎月来店いただく50代のご夫婦のお客さまがいらっしゃいます。奥さまと私の名前が同じだったことから話が盛り上がり、今では毎月3人で会話を弾ませる間柄に。ご夫婦がいらっしゃるといつも「今日もあなたに会いに来たわ」と仰っていただけるのが本当に嬉しいです。こんなお客さまをもっともっと増やしていけるようにこれからも頑張っていきたいと思います。

学生へ一言をお願いします