ものづくりを自分たちで“企画”しよう

ショップスタッフS・F2018年入社
(株)メンズ・ビギ
MEN’S BIGI
MEN’S BIGIの生産仕入れを管轄し、現在は雑貨全般を担当。社内の企画部門と工場をつなぐ窓口となり、量産から納品に至るまで主導している。

ファッションの産業構造は複雑であり、一着の服を企画し量産するのに社内の各部門のみならず何社もの企業が関わっています。生産計画のもとスケジュール通りに高品質な商品を納品する、その裏側では日々さまざまなことが起こっています。予測できない問題もある中、品質、コスト、納期、リスクを管理し安定した生産を担う司令塔とも言えるポジションが生産です。そのような仕事に従事する私が見据えているのは、生産主導での新たな価値づくり。単に納期通りにこなしていくのではなく、仕入先や縫製工場など数多くの取引先とのやりとりを日常的に担い、量産に精通しているからこそ企画できること、変えていけることがあると考えています。生産の発想から新たな驚きやこれまで以上の安心ある服を生み出していけるはず。生産から変えていく。そんな取り組みをメンズ・ビギからはじめていきたいと考えています。

どんな、学生時代を過ごしましたか?

学生時代にはアパレルブランドで販売員のアルバイトを経験。店頭での接客を通して、ファッションビジネスの面白さと出会いました。店舗がどのように運営されているのか、商品がどのように売られていくのかなど、さまざまな知識と経験を得られました。

BIGI GROUPに入社した理由は?

販売を続けていくうちに、服が企画され生み出される工程に興味を持つように。将来はものづくりを担いたいと考えていたとき、メンズ・ビギには本社で生産や営業に関われるチャンスがあることを知り、この機会にと思い応募しました。

忘れられない思い出は?

入社したばかりの頃、発注ミスで異なる下札のまま商品が店舗に納品されたことがありました。事前チェックを入念に行っていれば確実に防げたミス。以降、あらゆるリスクに対して先回りして手を打つように心がけています。入社当初に大きな失敗を経験したことが今の自分のベースとなっています。当社は失敗を許容し、成長する環境を提供してもらえる場だと強く実感した出来事でもありました。

学生へ一言をお願いします