世代を超えるデザインを自分たちで“企画”しよう

デザイナーK・N2019年入社
(株)ピー・エックス
TABASA
TABASAを担当。個性的で自由なTABASAらしさを体現する服づくりに向け、色や柄を活用したデザイン考案、素材の選定、テキスタイル作成に取り組む。

人々のライフスタイルや趣味嗜好の変化を捉え、その先を提案していくことこそがデザイナーの使命。なにもないところから自らのオリジナリティと努力でデザインを考え、これまでになかった服、欲しいと思ってもらえるような服を世の中に生み出していく仕事です。そのような中でこれから私が取り組みたいのは、着る人に喜びを与えられるようなスタイル提案です。担当しているTABASAは色や柄が特徴的なブランド。現在購入されているのは比較的年齢の高い方が多いですが、私の母のような世代から、自分の世代までボーダーレスに楽しめる新しいTABASAを企画したいと考えています。年齢ではなく感性に響くデザインを考案し、服から感動や驚きを創造すること、それは世の中の人々の人生を彩ることだと私は思っています。

どんな、学生時代を過ごしましたか?

服飾系の学校で課題に向き合う傍ら、「欲しい服がないからつくってみよう」という気持ちで、自分で服をつくりはじめました。たとえいま世の中になくても、自分でつくりあげていける。そんな大きな可能性をファッションに感じていた学生時代でした。

BIGI GROUPに入社した理由は?

TABASAを展開するP/Xを知ったのは学生時代の先生から勧められたからです。デザインへのこだわりが強く、少人数のチームで一人ひとりの仕事の幅が広いので、アシスタントとしてキャリアをはじめるにはぴったりの環境だと思いました。実際に働いてみて感じたのは日々成長できる場だということ。自分の努力次第でいくらでもスキルアップできる。そんな職場がここにはあります。

忘れられない思い出は?

先日、とある店舗で自分が関わった商品を熱心に見てくれているお客さまと出会いました。自らデザインを手がけ、服となった商品がお客さまの心を動かす。そんな最高のワクワク、最高の喜びが伴う仕事だとこのとき実感しました。

学生へ一言をお願いします