生産 の一日

PROFILE

株式会社パパス
生産 Y・H (2011年入社・
担当:パパス・マドモアゼルノンノン)

Y・H

アメリカの大学を卒業後、外資系企業を経て、
株式会社パパスへ。
現在は、主にインポート商品の輸入業務を担当。
育児と仕事を両立している。

生産
ってこんな仕事

「生産」とは、商品の生産工程のすべてに関わり、
品質の管理、納期の調整、価格交渉などを行う仕事。
デザインに合わせて、生地や付属品などの調達も行います。
また、インポート商品の輸入業務も生産の担当。
納期の管理のほか、デザイナーが海外で買い付けてきた商品の発注、
国際輸送を取り扱う業者との連絡、倉庫への検品指示も担当します。

10:00

始業

朝、保育園へ子どもを
連れて行くのは夫の担当。
始業20分前には会社に到着しています。

10:10

メールをチェック

海外からの荷物が到着したとの
案内メールが届いたら
税関を通るための手続きを、
専門の業者さんにお願いします。

生地のキズなどをチェック

11:00

生地のキズなどを
チェック

生地にキズなどがないかをチェックしたら
どのくらいの数を生産するのか
営業に確認して、
生地を縫製工場へ
出荷するよう指示をします。

12:00

ランチ

隣接している「パパス カフェ」は
社員割引で利用できます。
素材にこだわっていて
とてもおいしいんですよ!

納期や進捗状況の確認

13:00

納期や進捗状況の確認

商品の納期や進捗状況を
工場に確認することも大切な仕事です。
イタリアやフランス、スペインなどの
工場などと電話やメールでやり取り。
納期が遅れるなどの
トラブルにも対応しなくてはなりません。
上司や先輩方に対処方法を
アドバイスしてもらうこともあります。

輸入した商品を検品

14:30

輸入した商品を検品

インポート商品が国内の倉庫に届いたら、
品質をチェック。
サンプルと照らし合わせ、発注どおりに
作られているかを確認します。
問題があれば、海外のメーカーや
工場などに連絡。
海外とは文化の違いもありますが、
強気に根気強く交渉することが鍵。

商品のお直し手配

16:00

商品のお直し手配

お客様から修理依頼のあった商品の
お直しの手配を。
お洋服、バッグ、靴など
いろいろなアイテムが持ち込まれます。
10年以上前の商品もあり、
長くお客様に愛されていることを実感。

17:10

退社

1時間の時短勤務で、
育児をしながらでも働ける環境。
退社後、保育園に子どもを
お迎えに行きます。

求職者へのメッセージ

MESSAGE

当社の商品は、素材や生産工程にこだわったもの。愛着のある商品ばかりなので、どんな業務でも興味を持ち、「おもしろい」と感じながら向き合えています。だからこそ、仕事を楽しみ、長く続けられるのではと実感する毎日です。パパスのものづくりに共感し、探究心や向上心を持って仕事に取り組むことのできる方に来ていただきたいですね。